ポスティングは違法になる? 該当するケースや対処法について解説します

ポスティング、すなわちチラシや広告を郵便箱に投函する行為は、ビジネスの宣伝手段として広く用いられています。しかし、「ポスティングは違法なのか?」と疑問に思う方も少なくありません。
 
そこで今回は、ポスティングの法的側面と適切な実施方法について詳しく解説します。

ポスティングは基本的に違法ではない

ポスティングは基本的に違法ではない
まず基本的に、日本の法律ではポスティング自体を禁止しているわけではありません。実際、ビジネスの宣伝手段として、多くの企業や団体がこの方法を利用しているため、一般的な商業活動の範囲内で行われる広告の手法として、法的に認められていることを意味します。。
 
しかし、ここで注意が必要なのは、ポスティングの方法や実施状況によっては、法律違反にあたる可能性があるという点です。たとえば、私有地に無断で侵入してチラシを配布する、または風俗営業法に触れる内容のチラシを配布するなど、特定の条件下では違法となる行為に該当する恐れがあります。このような状況を避けるためには、ポスティングを行う際にはその地域の法律や規制、社会的なマナーを十分に理解し、遵守することが求められます。宣伝の効果を追求する一方で、法的なリスクや社会的な責任を考慮することは、ビジネスを行う上で非常に重要です。

ポスティングが違法になるケースもある

ポスティングが違法になるケースもある
前述の通り、ポスティングが違法になるケースも存在するため、以下に紹介する内容には抵触しないように気を付ける必要があります。

住居侵入罪

ポスティングにおいて特に注意すべき点の一つが、私有地への無断侵入です。チラシを配布する際に私有地や建物内に無断で侵入すると、住居侵入罪となる可能性があります。これは、人々の私生活の平穏を保護するための重要な法律であり、無断での侵入は厳しく罰せられます。そのため、ポスティングの際には、対象エリアの地権者や管理者の意志を優先しなければいけません。

軽犯罪法

無差別かつ大量にチラシを配布する行為は、軽犯罪法に触れる可能性があります。これは主に公共の場所の秩序や清潔を保つための法律で、道路や公園などにチラシを散乱させることは公共の迷惑とみなされることが多いです。したがって、ポスティングでは、公共の場所を不当に汚す行為を避け、環境への配慮も忘れてはなりません。

風俗営業法

厳密には、風俗営業の中にはキャバレーやクラブだけでなく、飲食を提供するレストランやカフェも含まれます。しかし、一般的に風俗営業法に該当するのは、性風俗店やアダルトビデオの通販など、俗に言う「ピンクチラシ」の配布です。
 
さらに、風俗業に限らず、社会の秩序や道徳に反する内容のチラシも地方自治体の条例に違反する恐れがあります。例えば、マルチ商法のような違法な勧誘を含むチラシは、多くの自治体で配布が禁止されています。

器物損壊罪

もし郵便箱がすでに満杯であるにも関わらず、無理やりチラシを入れて郵便箱を破損させた場合、器物損壊の罪に問われる可能性があります。また、郵便箱からチラシが飛び出してしまうと、それが周囲に落ちてゴミの原因となることも考えられます。そのため、ポスティングの際には、明らかに満杯の郵便箱は避けるのが賢明です。
 
加えて、雨や雪が降っている日にはポスティングを控えることをお勧めします。これは、自分のチラシが濡れるだけでなく、郵便箱内の他の郵便物にも損害を与える可能性があるからです。自社のイメージを損ねないためにも、配布のスケジュールには余裕を持ち、慎重に行うことが重要です。

ポスティングでのトラブルを避けるためのルールとマナー


トラブルを避けるために守るべきルールとマナーについてご紹介します。

チラシの内容

チラシの内容は、法律に違反しないよう慎重に検討する必要があります。広告する商品やサービスが、公序良俗に反したり、誤解を招く表現を含んでいないか確認しましょう。また、風俗営業法や軽犯罪法など、特定の法律に抵触する可能性のある内容は避けるべきです。チラシのデザインや文言選びには、消費者を尊重し、誤解や不快感を与えないような配慮が求められます。

配布ルール

チラシを配布する際は、時間帯や方法に気を付けることが大切です。特に早朝や深夜など、人々が休息を取っている時間帯の配布は避けましょう。また、無差別に大量に配布する行為は軽犯罪法に触れる恐れがあるため、公共の場所での配布には特に注意が必要です。さらに、配布の方法についても、郵便受けに無理に詰め込むなど、迷惑をかける行為を避けることが求められます。

配布禁止エリアのリストアップ

ポスティングを行う前には、その地域に配布禁止区域がないかを事前に調査することが重要です。多くの住宅地やビジネス街では、ポスティングに対する規制が設けられていることがあります。また、個々の建物や施設によっては、ポスティングを禁止している場合もありますので、これらの区域は事前にリストアップし、避けるようにしましょう。適切なリサーチを行い、地域コミュニティのルールや規制を尊重することが、トラブルを避ける上で非常に重要です。

クレームが発生した場合の対処法

クレームが発生した場合の対処法
法令に基づいてポスティングを行っていても、時には地元住民から「これは違法だ」や「警察に届け出るぞ」といった反応に遭遇することがあります。このような状況に直面した場合は、以下のような対応を心がけましょう。

謝罪をする

ポスティングによるトラブルが発生した場合、最初に行うべきことは迅速かつ誠実な謝罪です。クレームを受けた際には、直ちに関係者に連絡し、事態の真摯な理解と誠意をもって対応することが重要です。この初期対応は、今後の関係構築に大きな影響を与えるため、感情的にならず、冷静かつ礼儀正しい態度で臨むことが求められます。

チラシの回収

トラブルが発生した場合、配布したチラシを必要に応じて迅速に回収することが望ましいです。この対応により、さらなるトラブルの拡大を防ぎ、住民やビジネスオーナーとの良好な関係を維持する助けとなります。

配布禁止エリアに登録する

クレームが発生したエリアは、今後のポスティング計画において配布禁止リストに追加することが重要です。これにより、同じようなトラブルを繰り返さないようにするとともに、地域コミュニティの要望に配慮したビジネス運営が可能となります。

理不尽な要求には応じない

ただし、クレームに対応する際には、違法や無理な要求には冷静に対処することが重要です。全てのクレームや要求に対して、法的な枠組みや合理的な基準を持って判断する必要があります。無理な要求や違法な要求には、適切に対処するためにも、場合によっては法的な助言を求めることも考慮すると良いでしょう。

クレーム予防と対応を提供できる業者に依頼をしよう

クレーム予防と対応を提供できる業者に依頼をしよう
ポスティングを効果的かつ安全に実施するには、専門の業者に依頼することを検討しましょう。これらの業者は、地域の法律や規則を熟知しており、クレームの予防や対応にも経験が豊富です。適切な業者を選ぶことで、ポスティングに関するリスクを最小限に抑え、効果的な広告活動を行うことができます。

ポスティング代行はSETOにお任せください!

株式会社SETOは、費用対効果の高いポスティングを提案します。GIS(地理情報システム)の活用により、確かなデータに基づいた配布エリアと方法の選択を通じて、無駄を省きながらも反響率の高い効果的なポスティングを実現しています。
 
また、クレーム対応においても徹底的なケアを行っています。過去のクレーム事例を投函禁止リストに登録し、クレームを未然に防ぐとともに、発生した場合も迅速かつ柔軟に対応。クレームの予防にも注力し、お客様との信頼関係を強化しています。
 
販促ツールも多岐にわたり、チラシ以外のアイテムも柔軟に配布可能。お客様のニーズに応じた多彩なサービスを提供し、ポスティング広告の成功に貢献しています。
 
お問い合わせは随時受け付けています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です