ポスティング代行を活用するメリットとは? 会社選びのポイントと併せて解説します

デジタル時代においても、物理的な「チラシ」の重要性は依然として高く、特に地域密着型ビジネスを営む店舗・企業においては不可欠です。

今回の記事では、ポスティング代行とは何か、そのメリット、デメリット、そして効果的なポスティング代行会社の選び方について詳しく解説します。地域に根差したマーケティング戦略を検討している企業や店舗にとって、この記事が有益なガイドラインとなることを期待しています。

 

ポスティング代行とは?

ポスティング代行とは
ポスティング代行とは、集客や求人をしたい企業・店舗が自らの宣伝チラシを特定の地域やターゲット市場に配布するために、専門の代行業者に依頼するサービスです。
 
このサービスは、直接的なマーケティング手法として高い効果を発揮し、特に地域に密着したビジネス展開を計画する企業・店舗にとってや不可欠な戦略の一つとされています。ポスティングは、物理的なチラシを用いることで、潜在顧客に対して具体的かつ視覚的な情報を直接届けることができ、デジタル広告が届かない層にもリーチすることが可能です。

チラシの重要性

チラシは多くの情報を一度に伝えることができるツールであり、視覚的魅力を活用して読者の注意を引き、商品やサービスに対する興味を喚起することが可能な媒体です。特に、地域に根差したビジネスにおいては、チラシは重要なコミュニケーションツールとなります。。
 
チラシは、企業の求人広告、イベントの告知、店舗の紹介、特別なプロモーションや割引情報の提供など、さまざまな目的で使用されます。

WEB広告との比較

WEB広告はデジタル時代の主要な広告媒体ですが、ポスティングはそれとは異なる独自の利点があります。最も大きな違いは、ポスティングが提供する「物理的な接触」です。手に取ってもらうことで、消費者とのより個人的な関係を築くことができます。さらに、ポスティングは地域を特定してターゲットを絞り込むことが可能で、地域密着型のビジネスにとっては特に有効です。
 
一方で、WEB広告は広範なリーチとターゲットの精密な絞り込み、計測可能な成果が特徴ですが、オンライン広告に慣れ親しんだ消費者には、新鮮さや物理的な存在感を持つチラシの方が強い印象を与えることがあります。したがって、ポスティングは、デジタル広告とは異なる角度から消費者にアプローチする効果的な手段と言えるでしょう。

【関連記事】チラシは効果ある? 期待できるメリットや反響率を高めるためのポイントを解説します!

ポスティングの代行を依頼するメリットとデメリット

ポスティングの代行を依頼するメリットとデメリット
ポスティング代行サービスを依頼するメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

ターゲットの絞り込みを期待できる
ポスティング代行サービスを利用する最大のメリットの一つは、配布するチラシのターゲットを特定の地域や顧客層に絞り込むことができる点です。代行会社が保有するデータを元に絞り込みをすることで、広告の関連性が高まり、より効果的なマーケティングが可能になります。
 
地域を限定することで、そのエリアに特化した内容を提供し、地域住民とのより強いつながりを築くことができるでしょう。

クレーム対策も任せられる
ポスティングの代行サービスを利用することで、配布に関するクレーム対応も代行会社に任せることができます。そのため、企業はクレーム処理のためのリソースや時間を割かずに済み、本来の業務に集中することが可能です。
 
専門の代行会社は、クレーム処理の経験が豊富であり、問題を迅速かつ適切に解決する能力を期待できます。

効率的な配布を実行できる
ポスティング代行会社は、専門の配布スタッフを有していることから、配布の効率性と速度が大幅に向上させることができます。
 
最適な配布ルートの計画、時間管理、そして配布量の最大化など、配布効率を高めるための戦略を実施することにより、企業は最小限の時間とリソースで最大のリーチを達成しやすくなるでしょう。

デメリット

費用が掛かる
ポスティングの代行サービスを利用する主なデメリットの一つは、それに伴う費用です。自社で行うよりも外部に委託することで追加のコストが発生し、特に小規模なビジネスや限られた予算を持つ企業にとっては、このコストが大きな負担になることがあります。
 
費用は、配布するエリアの広さ、チラシの量、サービスの質などによって異なるため、予算に応じた代行会社選びが重要です。

配布状況を確認しにくい
代行会社を利用することのもう一つのデメリットは、配布状況の確認が難しいことです。直接的な管理や監督が行えないため、配布が計画通りに進んでいるか、またはターゲットエリアに適切に届けられているかを確認するのが困難になります。
 
とはいえ、多くの代行会社は進捗報告やフィードバックのサービスも併せて提供していますので、アフターサービスが充実しているかを事前に確認しておきましょう。

ポスティング代行において依頼可能な範囲

ポスティング代行において依頼可能な範囲
ポスティング代行サービスは、単にチラシを配布するだけでなく、企業のマーケティング活動における幅広いニーズに対応します。デザインの作成から配布の実施、さらにはクレーム対応まで、代行サービスは一連の流れをサポートします。

チラシの配布

ポスティング代行サービスの基本的な目的は、指定された地域やターゲットにチラシを配布することです。このサービスには、ターゲットエリアの特定、配布ルートの最適化、配布効率の分析などが含まれます。企業は、特定の地域や顧客層に対して直接アプローチできるため、広告のリーチと効果を最大化することができます。

デザイン / 印刷

ポスティング代行会社は、チラシのデザインから印刷に至るまでの一連のプロセスを提供します。これには、ブランドのイメージとメッセージに沿ったクリエイティブなデザインの作成、高品質な印刷技術の利用、さらにはチラシの形式やサイズに関する専門的なアドバイスも含まれます。

クレーム対応

ポスティング代行では、配布に関連するクレームにも対応します。特に広範囲にわたるキャンペーンを実施する際においては重要な観点と言えるでしょう。
 
代行会社は、クレームの受付、調査、対応策の提案、そして問題の解決までを行います。発注側はクレーム対応にかかる時間とリソースを削減し、他の重要な業務に集中することができます。

進捗管理と報告書の提出

ポスティング代行サービスは、配布の進捗状況を定期的に管理し、発注者に報告します。これには、配布数、地域カバレッジ、配布のタイミング、および達成度など、キャンペーンの進行に関する詳細な情報が含まれます。
 
定期的な進捗報告により、企業はキャンペーンの効果を測定し、必要に応じて戦略を改善・調整することができるようになります。

ポスティング代行会社を選ぶ際のポイント

ポスティング代行会社を選ぶ際のポイント
ポスティング代行会社を選ぶ際には、単に価格だけでなく、サービスの質や範囲、対応の速さなど、様々な要素を考慮する必要があります。適切な代行会社を選ぶことで、費用対効果の高いマーケティング活動を実現し、ビジネスの目標達成に大きく貢献できます。

対応範囲

ポスティング代行会社を選ぶ際、最初に確認すべきことは、その会社のサービス対応範囲です。特定の地域や市場に特化している会社もあれば、広範囲にわたるサービスを提供する会社もあります。自社のターゲット市場がどの地域にあるかを考慮し、そのニーズに適合する代行会社を選ぶことが重要です。

コスト

サービスの費用対効果を考慮することは、ポスティング代行会社を選ぶ上で重要な要素です。安価なサービスを提供する会社も魅力的ですが、サービスの質や配布の効果も同時に考慮する必要があります。予算に合わせて最適な代行プランを提供してくれる会社を選定することで、費用対効果に見合ったサービスを期待できるでしょう。

対応の素早さ

ポスティング広告は時に短期間で実施されることもあるため、代行会社の対応の速さは非常に重要です。急な要望にも柔軟に対応できる会社を選ぶことで、マーケティングキャンペーンの効果を最大化できます。また、緊急時の対応策やトラブル時のサポート体制も確認しておくと安心でしょう。

ポスティング代行はSETOにお任せください!

株式会社SETOは、費用対効果の高いポスティングを提案します。GIS(地理情報システム)の活用により、確かなデータに基づいた配布エリアと方法の選択を通じて、無駄を省きながらも反響率の高い効果的なポスティングを実現しています。
 
また、クレーム対応においても徹底的なケアを行っています。過去のクレーム事例を投函禁止リストに登録し、クレームを未然に防ぐとともに、発生した場合も迅速かつ柔軟に対応。クレームの予防にも注力し、お客様との信頼関係を強化しています。
 
販促ツールも多岐にわたり、チラシ以外のアイテムも柔軟に配布可能。お客様のニーズに応じた多彩なサービスを提供し、ポスティング広告の成功に貢献しています。
 
お問い合わせは随時受け付けています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です