ポスティングの費用相場と失敗しない業者選びのポイントを解説します

ポスティング広告は、地域密着型のマーケティング戦略として非常に効果的です。チラシのデザインから印刷、そして配布に至るまで、各段階にはそれぞれコストがかかりますが、これらの費用を適切に管理することで、最大限の広告効果を期待できます。
 
本記事では、ポスティング広告の実施に必要な費用の内訳と相場について詳しく解説します。さらに、配布方法の選択が費用に与える影響や、ポスティング費用が変動する要因、そして失敗しないためのポスティング業者の選び方についても触れています。ポスティング広告を検討中の方は、ぜひ参考にしていただけましたら幸いです。

ポスティングにまつわる料金の内訳と相場

ポスティングにまつわる料金の内訳と相場
ポスティング広告を実施する際に必要な費用としては、大きく「チラシのデザイン費」「印刷費」「配布費」の3つに分類されます。

チラシのデザイン費

チラシのデザインは、受け手に与える第一印象の質を決定し、ブランドイメージを形作る重要な役割を果たします。デザインの優れたチラシは、見る人の注意を引き、情報を効果的に伝えることができます。プロのデザイナーは、企業のコンセプトやメッセージを視覚的に表現し、ターゲットオーディエンスに刺激を与えるデザインを作成することが可能です。
 
デザイン費はデザイナーの経験、専門性、創造力によって変わり、一般的には2万円から8万円の範囲内で設定されます。この費用は、企業のマーケティング戦略やブランドイメージ構築に直接寄与し、広告効果を高めるために重要な投資となります。

印刷費

印刷費は、チラシの物理的な特性に大きく影響されます。使用する紙の種類、インクの色数、チラシのサイズ、印刷部数が主なコスト要因です。例えば、高品質の紙やフルカラー印刷を選ぶと、単色や普通紙に比べて費用が増加します。また、印刷部数が多いほど単価は低くなりますが、全体の費用は増加します。
 
1万部印刷する場合の費用はおおよそ2万円から始まりますが、紙質や印刷方法によって変動します。

配布費

配布費は、配布する地域、配布方法、配布速度によって異なります。広範囲にわたる配布や、特定のターゲットに絞った配布は、それぞれ異なるリソースと時間を必要とします。
 
配布費は一枚あたり約4円から10円の範囲で設定されることが多く、配布部数や対象エリアの広さによって総費用が決まります。

これらの要素を総合的に考慮し、予算の範囲内で最大の広告効果を得るための計画を立てることが、ポスティングにおいては重要です。デザイン、印刷、配布の各段階で質とコストを慎重に検討することにより、効果的なマーケティングキャンペーンを実施することが可能となるでしょう。

配布方法による費用の違い

配布方法による費用の違い
ちなみに、どのような配布方法を選択するかによっても必要な費用は変動します。以下では、代表的な配布方法の違いとして「ローラー配布」と「セグメント配布」について解説します。

ポスティングとは?

ローラー配布とは、指定された地域内でランダムにチラシを配布する方法です。この方法の最大の利点は、広い範囲にわたって迅速にチラシを配ることができることにあります。特に新しい製品やサービスの認知度を高めたい場合や、ブランド名を広く普及させたい場合に有効です。
 
比較的低コストで広範囲に配布できるため、広告のリーチを最大化したい場合に適しています。

セグメント配布

一方、セグメント配布は、年齢層、性別、興味関心、居住地域などの特定の基準に基づいてターゲットを絞り込んで配布する方法です。この戦略では、より関連性の高い潜在顧客に直接アプローチするため、高いコンバージョン率を期待できます。特に製品やサービスが特定のニーズを満たす場合、または特定の市場セグメントにアピールする場合に適しています。
 
コスト面では、ターゲット層を特定し、それに合わせて配布を行うため、ローラー配布に比べて費用が高くなる傾向にあります。しかし、その分、効果的なリーチと高いROI(投資対効果)が期待できます。

ポスティング費用が変動する要因

ポスティング費用が変動する要因
ポスティングの「配布費」に関しては、上記でご紹介した配布方法の違い以外にも変動する要因が数多くあります。

チラシのサイズ

ポスティングのコストは、配布するチラシの大きさや形状に応じても変動します。大きなサイズの資料を配る場合、配布員が一度に持ち運べる量が限られるため、効率が下がり、結果的に配布単価が上昇するのです。
 
また、厚い紙質や重量があるもの、または独特の形状をした資料を配布する際にも、費用が増加する傾向があります。

配布エリア

密集した住宅地のある市街地と、家々が広く離れている山間部を比較すると、市街地の方がチラシ配布の効率性が高いことは明白です。
 
ただ、市街地では労働コストが高めに設定されることが多いため、単純に効率が良いからといってコストが低いわけではないため注意が必要です。とはいえ、配布する地域によってポスティングの料金が異なるケースが一般的なため、配布したいエリアを事前に把握した上で業者に依頼した方がスムーズに見積もりをもらいやすいでしょう。

配布期間

チラシの受け取ってから全てを配布し終えるまでの期間を配布期間と言います。新聞の折り込み広告とは異なり、ポスティングでは配るべきチラシの量に応じて、数日間にわたって配布作業を行う場合があります。
 
配布に時間をかけることで、スタッフの調整がしやすくなり、また、配布する地域の詳細なマッピングが可能になるなどの理由から、通常、料金はより低めに設定されます。例えば、「1週間」という配布期間を設定している業者の場合、期間を短縮すると料金が高くなることが一般的です。
 
しかし、緊急の場合で「当日中に配布してほしい」という要望もあるかもしれません。そのような場合は、即日での配布を受け付けているポスティングサービスも存在するため、状況に応じて適切な業者を選ぶことが大切です。

失敗しないためのポスティング業者の選び方

失敗しないためのポスティング業者の選び方
ここまでは、ポスティング広告に必要な費用について解説してきましたが、業者を選定する基準はもちろん価格帯だけではありません。「安かろう悪かろう」ではないですが、価格面を重視しすぎて求めているサービスを受けられなかった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。
 
そこで、高品質なサービスを提供する信頼できるポスティング業者を選ぶために考慮したいポイントについていくつかご紹介します。

配布エリアへのノウハウ

質の高い業者はマーケティングの専門知識を有しており、顧客のニーズに応じたターゲット分析を提供できるため、「この商品をこんな顧客層に売りたい」というポスティングの目標を共有し、どの地区にどのように配布すれば最適か相談してみましょう。
 
地元に根ざした業者であれば、「高所得者層をターゲットにするなら、このエリアの一軒家が適している」などといった具体的なアドバイスを提供してくれるかもしれません。さらにGIS(地理情報システム)などの公開データを活用して、より精度の高いターゲット分析を実施している業者も数多くあります。

スタッフの管理体制

依頼前には、費用対効果のみならず、配布員がGPS機能を備えたスマートフォンで管理されているか、配布完了後の確認体制が整っているかなども、チェックすることを推奨します。
 
特に、業界平均を大きく下回る低単価のサービスの場合、労働費用を削減している可能性もあるため注意が必要です。配布スタッフの質は反響の大きさに直結するため、価格に関わらず管理体制を事前にヒアリングしておきましょう。

クレームへの対応

クレームへの迅速かつ適切な対応体制を持つ業者を選択することが重要です。信頼できる業者は、過去にクレームが発生した物件をリスト化し、同様の事態を未然に防ぐための措置を講じています。
 
万が一クレームが発生した際にも、迅速に対処する体制を整えており、必要に応じて迅速に回収作業を行うなど、顧客の不満を速やかに解決しようと努めてくれるはずです。

チラシのポスティングはSETOにお任せください!

株式会社SETOは、費用対効果の高いポスティングを提案します。GIS(地理情報システム)の活用により、確かなデータに基づいた配布エリアと方法の選択を通じて、無駄を省きながらも反響率の高い効果的なポスティングを実現しています。
 
また、クレーム対応においても徹底的なケアを行っています。過去のクレーム事例を投函禁止リストに登録し、クレームを未然に防ぐとともに、発生した場合も迅速かつ柔軟に対応。クレームの予防にも注力し、お客様との信頼関係を強化しています。
 
販促ツールも多岐にわたり、チラシ以外のアイテムも柔軟に配布可能。お客様のニーズに応じた多彩なサービスを提供し、ポスティング広告の成功に貢献しています。
 
お問い合わせは随時受け付けています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です